英語で話す力を高めておきたい時は高校留学を検討すべき

高校留学

高校留学は公立か私立かだけでなく国も費用に関わる

高校留学をする場合、選択肢は2つあります。私立高校に留学をするか、公立という2択になります。それら2つは、費用に関する違いがあります。それは日本の高校を見ても明らかでしょう。日本にある高校の場合は、殆どは私立の方が高めですね。学校によっても異なりますが、私立の方が100万ほど高いケースが目立ちます。
それで海外にある高校も、やはり同じ傾向があるのです。やはり上記のように、100万ほど高くなるケースが目立ちますね。ですので費用を重視するならば、私立でなく効率を選ぶ選択肢が浮上します。ところが海外留学となると、単純に公立か私立かで比較するのが難しい事も多いのです。なぜなら、国による費用の違いが存在するからです。
例えばオセアニア諸国にある私立高校の場合は、授業料は300万前後になるケースが殆どです。ちなみにその国の場合、公立は200万前後です。ところがアメリカで学ぶとなると、公立の方が高い事もあるのです。州によっても異なるのですが、400万前後になる公立高校も存在します。ちなみにアメリカの私立となると、500万以上になる事もあります。
ですのでアメリカの公立の方が、オーストラリアの私立より高いのですね。「公立なら私立より安い」と断言できないのは、高校留学の特徴の1つです。

中学でなく高校留学すべき理由と日本語力

海外で学ぶ魅力の1つは、語学力のアップです。将来に備えて、英語力を高めておきたいと思う事もあるでしょう。ただその力が確固たるものになるか否かは、まず母国語に左右される一面があります。肝心の日本語力が一定以上になっているか否かで、その英語力も変わってくるのです。それが理由で、高校留学が推奨される事もしばしばあります。実は留学をするタイミングは、何も高校だけではありません。中学留学という選択肢もあるのです。ところが中学校という時期では、日本語力に関する問題が生じる事も珍しくありません。…

MORE ▶

イチオシ情報

TOP